読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中京テレビハッカソン「HACK-CHU!」に参加しました(前編)

わたし目線で感じたことをそのまま書いています。事実が違っていたり気分を害する部分があるかもしれませんが、わたしの認識間違いや表現力不足によるものなので、うまくスルーしてください。

中京テレビが主催するハッカソンイベント「HACK-CHU!」に参加しました。

参加に至った経緯

中の人が知り合いなので、わりと早くからイベントが開催されることを知っていました。 ですが、「ハッカソン参加するぞーっ!」という気持ちにはなれず。というのも、短期決戦のハッカソンより、時間かけてジックリと作り上げるほうが好きなので。

イベント自体は支援したいのですが、ひとりで参加するほど根性無いし、かといってチーム作って牽引するほどモチベーションも無いし、モヤモヤとしていました。

そこに、突然のWさんからの直メッセージ。

f:id:matsujirushix:20170317193530p:plain

勢いで乗っかってしまった。

イベント中のチーム編成は不安しかないので、5~6名になるようメンバーを探すことに。

わたし->Wさん->Jさん、わたし->Ktさん、わたし->Kwさん、という流れで、5名のチームが出来ました。

  1. Wさん(どっぷりエンジニア。Arduino互換機作ってる。)
  2. わたし(エンジニア。mbedとか.NETとか。)
  3. Ktさん(アイデアマン&メンター。実はスゴいエンジニアらしい。)
  4. Kwさん(ちょっとエンジニア。普通な子。)
  5. Jさん(エンジニア。Web系。)

エンジニアだけのチームかよ。(笑

ほぼ全員に面識がある、わたしがリーダーということに。そんな力量ないんですけど。トホホ。

このときは、背伸びせず、メンバーそれぞれに何らかの経験が得られれば良いな~ぐらいの気持ちでした。

やるからには優勝狙う!?

とりあえず、顔合わせでメシ行きました。

細かいところは覚えていませんが、こんな感じだったと思う。

  1. Wさん…ハッカソン初めてだから良く分からん。
  2. わたし…楽しくやりましょう♪
  3. Ktさん…優勝狙うのか!?どうなんだ!
  4. Kwさん…みんなに合わせます♪
  5. Jさん…(圧倒される…)

意見がまとまらない。(滝汗

結局、予選当日まで集まることは無かった。

予選(アイデアソン)

8:30に、コメダ エスカ店に集合してモーニングセットを食べてから出陣。みんなでモーニング行くの楽しい。(みんな眠そう。)

10:00に中京テレビへ。

Mashup Awards 伴野さんと中京テレビアナウンサー磯貝さんの進行で、アイスブレイク~アイデア出し~チーム編成へ。

イデア出しのやり方が面白かった。「こども」「わたし」「親」のキーワードを出して、「便利」を言い換えたキーワードを出して、それらをランダムに組み合わせるというもの。ちょっとした大喜利みたい。

チーム編成で、アイデア投票2位のBさんが我がチームに加わった。

6.Sさん(なんでもやる。いきおいが半端ない。)

イデアは?というと、当初「こども向け。教科書をランドセルに入れるのを手伝うアプリとかロボットとか。」でしたが、Ktさんによる「解決したいものの本質は何だ!」的なツッコミや、Sさんの経験に裏付けされた意見を加えて、ママの時間を増やすことを狙いとした「ままにほめてもらうのだ!」にしました。

Sさん、アッという間にプレゼン資料を書き上げる。

f:id:matsujirushix:20170317214224j:plain

KtさんとSさんの力量で予選通過したって感じです。

わたしは何か貢献できたのかというと、言われるままプレゼントークしたぐらい。ストーリーや資料がしっかりしていたので、想像以上に気分良くプレゼンできた。

なお、チームメンバーが撮影したビデオを後日確認したところ、審査員の質問にトンチンカンな回答をしていた。orz

ビデオ撮られて見せられるあたり、いかにもエンジニアチームって感じです。