AZ3166 で Azure RTOS サンプルコードを動かす

マイクロソフトから、Azure RTOSチュートリアルがいくつか公開されています。

docs.microsoft.com

手元にあるボードは、STマイクロのB-L475E-IOT01とMXChipのAZ3166なので、、、AZ3166で動かしてみました。

続きを読む

AZ3166 で IoT Plug and Play サンプルコードを動かす

f:id:matsujirushix:20210110141034p:plain

IoT Plug and Play を実デバイスで試せるように、マイクロソフトMXChip IoT DevKit (AZ3166) で動かすサンプルコードと手順を公開しています。

docs.microsoft.com

試してみたのですが、、、手順がちょっとわかりにくい&うまくいかない部分があったので、自分がうまく試せた手順を備忘として書いておきます。

続きを読む

VS Code Remote Development、3種の違い

晦日ですが、ブログ書いてますw

Visual Studio大好きマンなので、ArduinoのコーディングでもVisual Studioで書いて、Arduino IDEコンパイルという使い方をしています。
VS Codeは使い慣れていないので、それほど使用しないのですが、、、VS CodeのRemote Development拡張だけは便利すぎて、メッチャ多用しています。

これ、Remote-SSH, Remote-Containers, Remote-WSLの3つがパックになった拡張なのですが、それぞれの使い分けが少しわかりにくいので図を書きました。

これがRemote Developmentの図だ!

f:id:matsujirushix:20201231165612p:plain

Remote-SSHは、SSHトンネルを経由してリモートマシンの中を操作できます。
Remote-WSLは、WSLのディストリビューションの中を操作できます。これはローカルマシンの~になります。
Remote-Containersは、Dockerコンテナの中を操作できます。ローカルマシンだけでなく、リモートマシンのDockerコンテナも接続できるようです。(わたし自身は、リモートマシンのDockerコンテナへの接続はやったことがないです。→参考

余談

わたしがメッチャよく使うのは、Remote-SSH
Azure VMを操作するときとか、宅内LANに接続したRaspberry Piを操作するときなど。VS Codeを使ってRaspberry Piで実行しているPythonコードのデバッギング(一時停止して変数見る)なんかは、マジで神機能です。

次に使うのは、Remote-Containersで、ローカルのDockerコンテナを使った開発環境の安定化。これはRemote-ContainersのContainer Configuration(devcontainer.json)を使う用法です。(これに関しては別の機会に紹介したいと思います。)

参考

Raspberry Pi 4 に .NET 5 SDK をインストールする

Raspberry Pi 4 Model B に、 .NET 5 SDK をインストールする手順です。
最下部にリンクした公式ドキュメントを見れば出来るのですが、、、ちょっとわかりにくかったので、実行する手順を列挙しました。

f:id:matsujirushix:20201219210733p:plain

2021/1/15 .NET 5.0.102に更新。

続きを読む

Azure IoT CentralがIoT Plug and Play認定デバイスに対応

本日、Azure IoT CentralがIoT Plug and Play認定デバイスに対応しましたね。
IoT Plug and Play認定のデバイスを使うと、デバイスをAzure IoT Centralに諸々設定する煩わしい作業(テンプレート作成して機能やインターフェイスを追加するなど)が不要になります。

f:id:matsujirushix:20201121113653p:plain 出典: IoT Plug and Play demo@Microsoft

SeeedのWio TerminalはIoT Plug and Play認定を取得しています。Azure IoT Centralの操作がどんな感じになっているのか確認してみましょう。

続きを読む

.NET 5.0 SDK(RC2)をRaspberry Piで動かしてみた

ALGYANイベントの「.NET 5 技術セミナー」で登壇する予定です。

algyan.connpass.com

予習としてRaspberry Piに.NET 5.0 SDK(RC2)をインストールして動くか確認することにしました。

続きを読む

「Using Github Codespaces for Embedded Development」に日本語字幕を付けました

先月、「あ、そうだ。Azure RTOS試しておこう。」と思い、VSCode + devcontainerでAzure RTOSをビルドしていました。
作業しながら呟いていたら、、、

ツヨツヨな人からコメントがが。

そういえば聞いたことあったなー。GitHub Codespaces。
VSCodeホスティングされて、ブラウザで動く感じかな?程度の浅い知識。

コメントもらったからには、手を動かしてみないとね!ということでさっそく(Visual Studio)Codespacesを使ってみたところ、、、VSCode + devcontainerのホスティングで、メチャ便利だわこれって感じで。

これはブログ書いたほうが良いよなーと思っていた矢先、Benjaminさんが動画をアップしていました。

動画分かりやすい、、、
これに勝るブログは書けないし、、、
てか、これに日本語字幕つければいいんじゃね?

と、なぜかやったこともない日本語字幕付けにトライすることにしましたw

了承を得る

BenjaminさんにDMして、、、OKいただいた。

f:id:matsujirushix:20200916211908p:plain

英語字幕ファイルを日本語に

英語字幕ファイル(.sbv)を受け取って、日本語に訳す、、、
と思っていましたが、YouTubeのWeb操作で字幕追加ができるみたい。ほー。

f:id:matsujirushix:20200916212249p:plain

字幕を翻訳する

こんな画面で、左に日本語字幕を入力すると右に反映されるので、ちょっと書いては動画を確認を繰り返します。

f:id:matsujirushix:20200916212550p:plain

公開する

公開ボタンっぽいのがあったような、、、それをポチして、Benjaminさんに連絡すると、YouTube動画で日本語字幕が選択できるようになりました。

f:id:matsujirushix:20200916212754p:plain

大変だったこと

最初に、YouTubeのWebツールの操作で戸惑いました。特に、字幕を書き換えようとシフトキーを押しながら矢印キーを押すと、文字列選択ではなくて、次の字幕に移動するのが、、、。英語と日本語の文字数に違いがあるので、字幕カットを減らしたり増やしたりするのも大変。とはいえ、まぁこれは慣れの問題で、慣れてくると時刻と音声波形でうまいこと操作できるようになってきました。
ブログの日本語訳と違って、文字数制限(字幕なので3行程度)と時間軸(極端に短いカットだと文字読めない)を意識しないといけないのが難しかった。文字減らすと意味が伝わらないからカット増やすけど、それだとカット短くて読めないとか。
結果、メチャ時間かかった。20分弱の動画字幕作るのに、20時間近くかかっている、、、

よかったこと

ただ見るのと違って、漏らさず聞く・読むので、英語や解説内容(今回はCodespaces)に詳しくなった気がする。(気がする)
コンテンツを日本語で完全に作り直す(例えば、わたしが動画を作るとか)よりも、コンテンツの質が高いので、日本開発者にとって有益なのではないだろうか。

「これはいいぞ!」という動画に出会ったら、また日本語字幕を付けてみようと思う。