読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Building holographic apps with Unity抜粋

Holographic development documentationのBuilding holographic apps with Unityの、気になる部分をメモ。

Unity development overview

Sceneの設定

  • Main CameraのPositionを(0,0,0)にする。
  • Main CameraのClear FlagsをSolid Colorにする。
  • Main CameraのBackgroundを#00000000にする。
  • Main CameraのClipping Planes - Nearを0.85にする。

プロジェクトの設定

  • 使うAPIによって、Player SettingsのPublishing SettingsにあるCapabilitiesをチェックする。
  • Build SettingsのPlatformをWindows Storeにする。
  • Build SettingsのSDKをUniversal 10にする。
  • Build SettingsのUWP Build TypeをD3Dにする。
  • Project SettingsのQualityの、Windows StoreのDefaultをFastestにする。
  • Holographic viewで表示させる場合は、Player SettingsのOther SettingsにあるVirtual Reality Supportedをチェックする。

Recommended settings for Unity

スプラッシュ画面

  • Unity Proライセンスが無い場合は、常にUnityスプラッシュ画面が表示される。変更できない。

ラッキングロス

Performance recommendations for Unity

後日、書く

Exporting and building a Unity Visual Studio solution

  • UWP Build Typeは、D3Dが推奨。システムキーボードを使う場合はXAML
  • Unity C# Projectsをチェックすると、Visual Studioのリモートデバッガが使えて、さらにスクリプトが編集できる。Unityとはファイルが分離されているので、Unityを編集したときは、再エクスポートが必要。
  • Configurationは、Debug,Master,Releaseの3種類。最適化とプロファイラに違いがある。

Best practices working with Unity and Visual Studio

まとめ

設定しておくと良さそうな項目は次のとおり。

  • Build Settings.Platform = Windows Store
  • Build Settings.SDK = Universal 10
  • Build Settings.UWP Build Type = D3D
  • Project Settings.Quality.Windows Store.Default = Fastest
  • (Holographic view) Player Settings.Other Settings.Virtual Reality Supported = checked
  • Main Camera.Position = (0,0,0)
  • Main Camera.Clear Flags = Solid Color
  • Main Camera.Background = #00000000
  • Main Camera.Clipping Planes - Near = 0.85